ぱちんこ 始まり

ぱちんこ 始まり

 全ての正論も理屈をも従わせる

「どうして友達って聞くのは、愚問かな」「遠野さんを助けようと思うその気持と同じだよ

危ないと分かっていても、やってしまうそれと」「私は、彼女の友達じゃないの」「そうかな」 すぐに、「そうよ」と言い返す元野

  柳は優しく笑い、チョコムースを頬張った

「素直じゃないの、この子」「だ、誰が」「照れないでよね、もう」「人のケーキを食べないで」 気にしないとばかりに笑い、バナナクリームのコーティングされたケーキを口に運ぶユウ

 元野はため息を付き、ホットコーヒーをスプーンでかき混ぜた

「大体さ

あの男は何者なの」「見たままだよ

あなたも好きかも:キン肉マン スロット 評価
高校2年で、大学卒業資格を持ってるくらいかな」「いつも、ああいう事をするの?」「場合によるね

あなたも好きかも:パチスロ フェアリーテイル フリーズ
でも遠野さんには何もしてないし、味方には優しいよ」 疑わしそうな顔になる二人

 また考えなくても分かるが、サトミは味方ではない

「敵に対しては?」「すぐに言う事を聞けば、何の問題もない

聞かなかったら、ゆっくり後悔すればいい」「そういうのを、何度も見てきた?」 可愛らしい、だからこそ迫力のある笑顔