ブラッドステインド スロットマシン

ブラッドステインド スロットマシン

サトミと同じで、パスワードを入れない限り」「サトミ、何だと思う?」 ショウに振られ、微かに眼差しを鋭くするサトミ

あなたも好きかも:政府公認 稼げる カジノ
「難しいわね

でも、端末があればパスワードなしでも見られるわよ

ソフトと技術があれば

あなたも好きかも:スロット スケジュール
少し、やってみましょうか」 端末を受け取り、ケーブルでリンクする

 ワイヤレス接続よりも情報がたくさん送れて、複雑な操作もしやすいのだ

あなたも好きかも:攻殻機動隊 スロット 笑い男モード
「……何これ

外部入力を受け付けない」「舞地さん達に頼んで、少しいじってもらった

謎多き少年なんでね、俺は」「下らない」   無理だと分かったのか、パスワードを入れていくサトミ

 だがその端正な顔は、すぐに曇り出す

「駄目だわ

これ以上は、不正操作になる」「ベッド無い?私が思い出してみようか」「違うだろ、ユウ」 真顔でショウが指摘する

 いいじゃない、まだ少し眠いんだから

「だったら、今度はショウのデータを見てみようか

俺の端末から、こそっと」「駄目よっ、そんなのっ」 机を叩き、ケイを睨み付ける

 ぎょっとして私を見てくるショウとサトミ

 む、むきになる所じゃなかった?「そ、その

人のプライバシーを見ようなんて、よくない

絶対に駄目」「自分だって、サトミのは見たのに」「あれは、非常事態なの」「その内、暴いてやる……