パチスロ 人気機種 2016

パチスロ 人気機種 2016

 この大樹は餌が豊富なのか、居心地が好いのかあらゆる種類の幻獣にとって棲みやすいのだろう

「……で、此処の最上階ねェ……」 大樹の内部を見上げ、何処までも続くかのような幹を観察するブラック

 その高さは数百メートルは下らなく、幹部が居るという最上階まではまだ暫く掛かりそうな雰囲気である

 しかし狩人《ハンター》の件もあり、うだうだしている暇も無いのでさっさと急ぐブラックたち

 ブラック、エマ、ラビア、猪八戒の四人と幻獣兵士たち四、五〇匹はその足を使い、大樹をせっせと登って行く

あなたも好きかも:パチンコ ゴルゴ13 ドラム
 周りはあらゆる幻獣がおり、歩いているだけでも中々楽しげな大樹内

 空気も澄んでおり、過ごし易いので幹部の元へ進む事も苦にならなかった

あなたも好きかも:沖縄 パチンコ バイト
「この向こう側に居るのか……やっぱ幹部だけあって力は中々……いや、力というよりは別の……?」 そして色んな幻獣に見られつつ一つの扉へ辿り着いたブラックたち

 ブラックはその扉を見やり、向こう側から感じる生命力に何かを思う

 何はともあれ、推測、憶測だけでは意味が無い

あなたも好きかも:コードギアス スロット grt
ブラックはその扉に手を掛け、それを開《ひら》いた

「……ッ、何だこの光は……!」「……太陽……? いや、太陽ならば私も弱る……これは……?」「うわっ……眩しっ!」『ブヒ……相変わらずだねぇ……』 ──その刹那、扉の向こうからは目映い光が放たれていた

 その光はとてもじゃないが目を開ける事すら難しく、目を細めてようやく幹部の姿を視界に映す事が出来る程だった

 そう、その幹部──『貴方が魔族の国から遥々やって来た幹部様ですか……私《わたくし》の街によくぞお越し下さいました……私の名は"フェニックス"