ミリオンアーサー スロット カード

ミリオンアーサー スロット カード

「仕事だって言ってんだろ!」「落ち着きなさい、ルッツ

ディード、必要ないと言うのはどういうことだ?」 手でルッツを制止し、神官長はディードおじさんに説明を促す

さすがにおじさんも神官長に問われることを予想していたらしく、視線をベンノとマルクに向けた

「そこの男は余所に工房を作るのに、ルッツを連れて行きたいと言ったんだ」「それが?」「あのな、たった3年契約のダルアの、しかも、見習いに何の勉強が必要だと言うんだ?」 ダルア契約した見習いは日本で言うと3年契約の見習いアルバイトのようなものだ

基本的にさせるのは単純作業で基礎を叩きこむのがメインだ

店や工房ができあがった後、オープン作業に駆り出されることはあっても、出店のための契約や工事に携わることはない

あなたも好きかも:fifaクラブワールドカップ2018
 わたしはルッツの夢が余所の街に行くことだと知っていたから、夢が叶ってよかったね、と思っていたけれど、これも普通に考えるとダルアの仕事ではない

ダプラや後継ぎの仕事だ

ルッツがしなければならない仕事ではない

あなたも好きかも:パチンコ モンキー ターン 演出
 必要ない仕事のために危険な街の外に行く必要はないと言うディードおじさんの意見は、筋が通っている

 わたしと神官長が揃ってベンノに視線を向けると、ベンノは軽く溜息を吐いて、ディードおじさんを見た

「ですから、先日もお話させていただいたように、私は、今後の店の展望とルッツの能力を考えた結果、ルッツを跡取りとして教育したいと考えています

余所の街での工房開設を見せるのもその一環であるし、そのための養子縁組を望んでいるのです」「フン、話にならんな」 ディードおじさんはベンノの申し出をぴしゃりと撥ね退けた

そう言った後、周りを見回して、「これも理由が必要か?」と呟く

 神官長は「もちろんだ」と答え、申し出を断られたベンノも、ディードおじさんを見据えて頷いた

「理由があるならぜひともお伺いしたいです

失礼ながら、商売をしているわけでもない貴方ではルッツの後ろ盾にはなれない