パチンコ 甘デジ ボーダー ランキング

パチンコ 甘デジ ボーダー ランキング

 それで余計、難しいのかなって……」 ……俺からしたいと言うのは、サヤを、責める行為だと、思っていた……

 だから、だから俺は…………っ

その言葉を、間違っても口にしてはいけないのだと……

 でも……

あなたも好きかも:パチンコ ガンツ 画像
 サヤが、望んでくれるなら

あなたも好きかも:ユニバーサル スロット 4号機
「……うん」 その返事に、思考が爆発しそうになった

あなたも好きかも:スロット グレンラガン
「でも、触れ、触れられるん、は、怖い……」 付け足されたその言葉で冷静さを取り戻さなかったら、食らいついてしまっていたかもしれない

「……じゃあ、他には触れないようにする

…………唇だけに、触れるから」 そう言ったらサヤは、腕と背もたれに埋めてしまっていた顔を、やっと解放してくれた

「ど、どうすれば、良い? う、上を向いといたら、できる?」 恥ずかしさと恐怖を振り切れず、視線を逸らしたままそう問われて、たかだか口づけひとつのことなのに、まるで初夜に、怯えつつも身を委ねようとしてくれているかのようで……

「そのままでいい」 まだ背もたれにしがみついたままのサヤに向かい、身を乗り出した

 その瞬間から、恐怖と緊張で肩が強張り、キュッと唇が引き結ばれる

顔がまた半ばまで、腕の奥に引っ込んでしまった

 触れないよう、肘掛けと背もたれに両腕を掛けて身を支えて「もう少しだけ、顔をこっちに向けて」と囁くと、暫く戸惑った後、ギュッと瞳を閉じたまま、サヤは意を決したように、頭を上げ、こちらを向いた

 引き結ばれ、白く血の気の引いた唇

 固く、固く、絶対に開くまいと閉ざされた瞳

 大きな恐怖に苛まれながら、それでもサヤは勇気を振り絞ってこちらを向いてくれたのだと、そう思えば、涙が溢れそうなくらい嬉しくて、愛おしかった