オキドキ スロット撤去

オキドキ スロット撤去

「遅くなって申し訳ありません」「いや、問題はない

あなたも好きかも:パチンコ マジェスティック プリンス
」謝罪は必要ないと伝えようとしたのだが、その前にマリアが声をかけていた

「フェイ!?怪我はない!?大丈夫なの!?怪我をしてるならちゃんと教えてね!?」「あ、ああ

大丈夫だ」マリアはフェイの身を心配しているようだが、フェイはマリアを落ち着かせてから早々に報告を始めてくれた

「時間がありませんので、手短に報告させていただきます」「ああ、頼む」「はい

あなたも好きかも:パチスロ かがみ
国境警備隊の基地に待機していたセルビナ軍はおよそ4000人程度だと思います

一部の部隊を砦の内部に潜めて、どの方面にも援軍を送れるように待機していると思われます」…ほう

…なるほどな

「軽率な布陣だと思ったが、一応伏兵は用意しているのか」…とは言え

僅か1000人の伏兵では共和国軍を退けるのは不可能だろう

「3000が4000でも大した問題ではない

全てを蹴散らして全滅させるだけだ」その程度の戦力なら誤差でしかないと考えたのだが、フェイは真剣な表情で報告を続けてくれた

「確かに砦に関してはすぐに制圧出来るかもしれません

あなたも好きかも:ff14 ルーレット 更新
ですが…」「何か問題でもあるのか?」「はい

セルビナの増援部隊が国境の間近まで迫ってきています」…なにっ!?フェイの報告を聞いて驚いてしまった

もちろん援軍が来ることは考慮していたのだがこれから基地へ突撃するという状況での増援は共和国軍にとって大きな痛手になりかねないからだ

「増援の規模は!?」「確認できたのは先行部隊だけですが、およそ1万かと

その後方には主力部隊が控えていると思われます」…ちっ