g1 競輪 スロット 天井

g1 競輪 スロット 天井

「えっ?」下げていた頭を上げて、アルスは空色の瞳の中に鳶色の髪と瞳を持つ男を映した

そしてネェツアークはアルスの瞳が左上に動くのを――記憶を辿る時にしてしまうという眼球運動――見て、笑った

「"仲間や友の失敗や不利をどう対処するべきか"、そんな事を学べるチャンスは、余りありませんからね

私が指導し、教える立場ならそう思いますよ

あなたも好きかも:スロット 地獄少女 最強ベル
多分パドリック様は、同期仲間に申し訳なさそうな態度をしたアルス君を見た時、似たような事を仰有ったんじゃないんですか?

『そういう事を"学ぶ"のも学校の役目なんです

あなたも好きかも:スロット ハルヒ 期待値
かえって"よい機会"を同期の仲間に与えたぐらいに考えては如何ですか?』と」アルスはネェツアークに過去の事を言い当てられて驚きに目を丸くしながら、しっかりと頷いた

その少年の様子をネェツアークは"楽し"んで、丸い眼鏡の奥に鋭い瞳をニッと笑む形にする

あなたも好きかも:スロット サラリーマン 金 太郎 朝一
「やはり、そうでしたか

ところでアルス君は、パドリック様が、"アルス・トラッド"だから、そのような言い方という事には気がついては―――」「"僕"だから、ですか?」「―――いないみたいですね、その顔と言葉では」自分の話の途中でも、驚きのあまりに割り込んでくるアルスに、今度は苦笑を浮かべる

(やれやれ、こちらでも"思い遣り"の気持ちが互いに強すぎて、拗(こじ)れが出来てしまっているねえ)後輩でもある親友は、教官としてしっかりと役目を果たしてもいたが、"弟"のように可愛がっているアルスに無意識に"線引き"をしていたのではないかと、ネェツアークは考えた

"アルセン・パドリック"という教育担当の将校が、どんな訓練生にも厳しくも優しくそして"公平"に接しているというのは、彼が所属する軍学校では有名な話で、"軍隊嫌い"のウサギの賢者でも知るところである

("公平感"を意識しすぎて、訓練生のアルス君と接する時間を、他の訓練生と必要以上に"平等"にしすぎてしまったきらいが、あったんだろうな)世話をしてやったとはいえ、必要以上に教官である自分と親しくしているのを、他の訓練生達が見たのなら、"アルスの軍学校"の生活に支障が出るかもしれない

(アルセンなら、そこは徹底してそうだもんな)ネェツアークは少し考えただけでも、軍学校で綺麗に微笑みながら、大勢の訓練生と生活するアルスに、語りかけるのを堪えているアルセンの様子が想像出来た