スロット 新台 ハーデス

スロット 新台 ハーデス

しかたないわ

キイ様が言うのならそういう風にします

あまり得意ではないけど」 今回に関してはヴィローサはワイバーンを抑えることを目的とする

この場にいるすべてのワイバーンを殺さず残す、それが公也が城を攻めるうえで行っておきたい事柄の一つだ

あなたも好きかも:カジノ 椅子
「ワイバーン殺さないっすか?」「勿体ない

せっかくの乗り物だし、生かして置けばいろいろな形で使える

一体解剖してみたいしな」「うえ……師匠のそういうところはおれよくわからんっすよ」「それに帰りもあるしな

あなたも好きかも:ブラックジャック ふたりの黒い医者
フーマル、もう一度山を普通に降りたいか?」「…………いや、さすがにそれは嫌っすね

魔物多すぎっすよ!」「だからだ

ワイバーンに乗って空を飛んで帰る……まあジェルシェンダに向かうと襲われる危険があるだろうが

その場合このキアラートの軍である印をつけておかないとダメかな……その辺りはいろいろと考えておかなきゃだめか」 ワイバーンを生かしておくのは公也の欲求、知識欲を満たす目的もあるが単純に帰り道で空を進み楽に変えることが目的の一端である

登りの道中でかなり魔物や獣に襲われ山を登るのにかなり難儀し苦労した

流石に公也も同じ苦労をしたくはない

知識的な欲求、経験的な情報を得たくないと言うわけではないが無理にそれを得る必要性がないとも感じている

あらゆる知識を得る、を目的とするが機会があれば何でも知識を得ると言うつもりではない

その内容、その手段、苦労や面倒なども考慮したうえで行動する

つまり帰り道の道程の経験を得ることよりも面倒臭いと言う事実の方が勝ったのでそれを解消するうえでワイバーンに乗るということだ

逆にワイバーンに乗った場合の感覚、従属させての操作の知識や経験も得られる

そういう点でも悪いわけではない