g1 スロット ゾーン

g1 スロット ゾーン

うちも昨日、一通り目は通したけど無かったわ」セイはさっきからワクワクした表情で無言のまま、窓の外を見つめている

ブラックマーケットに行ける喜びで、人の話どころではないようだ

走る馬車の窓から、市内の様子を見ると、人々の様子は普段と変わりない

別段迷惑そうな顔も、嬉しそうな顔もしていない

あなたも好きかも:おそ松さん スロット フリーズ
一般市民の人たちは、ブラックマーケットには、近づかないようにしているのかもしれない

ということは利用層は、他国や市外から人間が大半なわけだ

あなたも好きかも:スロット やめ
皆がそれぞれの思惑を廻らせ、無言になった馬車の中で、そんなことを考えていると黒雲が覆う市外に出た馬車は、商売用のテントが、延々と立ち並ぶ会場入り口前で、停車した

あなたも好きかも:スロット 打ちたい
馬車を降りて人の流れを確認する

城壁に囲まれたグリスラー市内の南門から出てきた、人波が吸い込まれるようにブラックマーケットの北側の入口へと吸い込まれていく

その人たちの人相は堅気ではなさそうな人が多く、そうでない人たちも一癖も二癖もありそうである

黒服の護衛に守られた偉そうな金持ちに、太った長髪の人間のマニアの集団筋骨隆々とした如何にもな武闘派達、身長三メートルはありそうな巨大な水棲族や、手足の長い魔族、そして全身を灰色のローブで隠した幽鬼族の集団……これは何故か一発で見抜けた美射と意識の底で修業した時に散々幽鬼を倒したからかもしれない

そんな他種族たちが所狭しと人波になって、ブラックマーケットに吸い込まれていく

「すげぇな……やばいのだらけだ……」「これはいつもの光景ですよ

上空の雲よりは問題ないです」カラスラは落ち着き払って、注意点を教えてくれる