koei オンラインゲーム

koei オンラインゲーム

そのポイントを自らつかむのです

 お笑い番組や漫才番組、『笑点』の大喜利などを観て思わず笑った経験はありませんか

あなたも好きかも:しばふ スロット
そのとき「なぜ笑ってしまったのか」を分析する人はまずいません

分析したところで「笑い」のコツはつかめないからです

 もし「意外性」に気づいたとしても、そのバリエーションは限られます

あなたも好きかも:ポセイドン クソ台
だから応用もしにくい

結果として「この芸人は面白いけど、なぜ笑ってしまったのだろうか」と理由を求めがちなのです

予定調和という笑わせ方 実は「意外性」と同じくらい重要な「笑わせ方」があります

「予定調和」です

 その人物が「意外性」を起こして一度「笑われた」とします

すると多くの方は他の「笑わせ方」を模索し始めるのですが、これがなかなかに難しい

あなたも好きかも:ff14 討伐 ルーレット 解放
そこで「一度笑われた意外性」をもう一度使うのです

すると「この状況になるとこうなるのが、この主人公の面白いところだよね」と納得しながら「笑って」くれます

これが三回も続けば「予定調和」となるのです

『笑点』の大喜利では、水色の服を着た三遊亭小遊三氏が「予定調和」の達人と言えます

鏡を見た自分の顔を「福山雅治」「アラン・ドロン」と呼んだり、自動販売機の下をさらって小銭を拾おうとしたり、「壇蜜の袋とじ」だったり、女湯へ入ろうとしたりと、視聴者は「またやってくれた」と思わず笑いがこみ上げてくるのです

「予定調和」で「笑わせる」には、ひたすら繰り返しましょう

最初は小さな「笑い」しか得られないかもしれません

ですが何度も繰り返せば「予定調和」が発動して「またやってくれた」と読み手は「笑い」を禁じえないのです