サンバ・カーニバル

サンバ・カーニバル

「お嬢様」「……法式を、喰われたわ」「それは――」 そもそも魔法師が多くなったのは二○一一年頃、東京事変を左右してのことになる

世界法則を担う魔法師の存在は結局のところ、世界を安定させるために生まれたのだと彼らは結論を得ていた

 だからつまり

「不安定だった世界が、元に戻ろうとしているのですか」「おそらくは、そうよ

もう私が支える必要はない……世界はここを契機に一度壊れ、再生する」「ならば……」「ええ、淘汰が始まるわ」 淘汰――なのか

あなたも好きかも:輪廻のラグランジェ スロット 終了画面
それとも、ただの殺し合いか

 お互いにお互いを天敵として認めるのならば、後は争うしかない

理由などないのだ、喰うか喰われるかなど、野生では珍しくもないのだから

 ゆっくりと上半身を起こし、肘をついて顔を支えながら深呼吸を一つ

あなたも好きかも:メイプルストーリー パチンコ
すぐにでも屋敷を出るべきなのだろうが、この体たらくで人前に出られるはずがない

 常に毅然たれ、と思っているわけではない

清音だとて屋敷にいる人間を背負っているとはいえ、一人の女性だ

あなたも好きかも:カジノ 回収率
辛い時もある

そのために五六がフォローしているのだから問題ないが、それでも一人で歩けないようでは問題だ

「五六」「はい

ネット回線はまだ保たれていますが、時間の問題でしょう

情報は飛び交っていますが、連絡はありません

こちらからも連絡する必要はないかと」「わかっているわ」「そうですね

どのような形になるかはともかくも、私どもはこの状況を知っていたのですから」「これからよ」「承知しております