盛岡 パチンコ カネマン

盛岡 パチンコ カネマン

「それらをヒモカヌールを媒介に私の精神世界に一気に送り込んできたから 圧縮時間を使って、時にはシュエちゃんが論争や説得で 時には私が暴力で叩き潰して消していってたから さっきも言ったけど物理体まで回す力が足りなくなって それで、えっと、分かりやすく言うと フリーズして止まってたのよ」「……あ、あの……思いついちゃったんだけど その大量の人格ってもしかして俺の中にも……」美射は深く何度も頷きながら「それで、シュエちゃんと話してたの

 当然、但馬の中にも居るもんだと思ってたから わざわざ盾にするためにマリーまで用意して 潰す準備をしてたんだけど、但馬の中には誰もいなかった」「……虚無の王も含めてだよな?」美射は黙って頷く

「映像では虚無の王がどうにかしたみたいな ことを言ってたよな……」「……但馬はもう安全だってことは分かったんだけど……」さすがに頭が回らない俺にも何が問題かは分かる

「虚無の王が地下世界の情報を大量に持って行ったと……」あいつなら人格を一人ずつ分析して情報を引き出せるだけ引き出しそうである

「そういうことね

そして、いま、シュエちゃんが考えているのは どの時点で、虚無の王がここに到達するための 罠を張っていたのかということで、まだ答えが出ていないの」「そっか……」後々、尾を引かなければいいなと祈るしかない

ずっと萎んで縮んでいたマリーはもう消えてなくなってしまった

話はこの場では、これで終わりのはずである

ふと嫌な予感がしたので「あの、俺はもういいよな?」一応尋ねてみると、いきなり美射が怖い顔で「何言ってるんですかー

あなたも好きかも:ウィングマン スロット フリーズ
 ここからが本当に大事な話の始まりですよー?」言ってくる

美射はソワソワと考えているシュエを何度も振り返りだした

あなたも好きかも:パチンコ 粗利 計算
何をこいつが話したいかはもう分かるがシュエまで巻き込んでやる話じゃないと思うが……

あなたも好きかも:スロット おすばん
「話に付き合わないとダメ?」「ダメですよー

虚無の王とかよりも大事な話ですー」「それはお前にとってだろ……」脱力しながら、どうにか逃げられねぇかなと考えていると、考え終わったらしいシュエか近づいてきて美射に耳打ちをする

美射は一瞬辛そうな顔を浮かべ「それは言わないでいいの?」明らかに俺の顔を見て言ってくる

シュエは黙って首を横に振り、仕方なさそうに美射の横に座った

「あ、あの……今、俺に重大な秘密を 二人で作りませんでしたか?」美射は深く頷いて「伝えるには、まだ早いって結論に達したわ」「そ、そう……」美射はまったく信頼できないが、シュエはかなり信頼できるのでそっちの判断にかけるか……

美射は邪悪な笑みを浮かべながら「でー但馬の私のお尻直触り問題ですけどー」俺を見つめてきた