パチスロ ゴッド 神々 の 凱旋

パチスロ ゴッド 神々 の 凱旋

 タガネたちは箸を手に取る

 一本を挟んで持ち上げた

 汁に濡れて妖しい艶を帯びて、しなやかな様はさながら蛇である

物珍(ものめずら)しさに矯めつ眇めつする二人に、厨房から抑えた含み笑いがこぼれた

 その傍らで

「うまっ、うまっ、うまげほっ」 臆面(おくめん)もなくベルソートが食す

 数本を束ねて口内へと運んだ

 ずるずると、汁ごと勢いよく啜った

あなたも好きかも:パチンコ エヴァンゲリオンx
途中で咳(しわぶ)いてしまったが、その顔は満足げな表情である

あなたも好きかも:パチスロ 南国物語 天井
 アカツキはその背後に佇む

「あれ、おまえさんのは?」「こちらのご老人に」「譲ったのかい」「私は……許されていないので」 ふん、とタガネが鼻で笑う

 手を挙げて厨房を覗き込む

あなたも好きかも:麻雀格闘倶楽部 スロット 期待値
「店主、かけ蕎麦もう一つ」「……タガネ様、いくらアンタでも」「駄目なのかい」「だってその子は……」 店主が目配せする

 アカツキは何も言わずに立つ

 タガネは訝りつつ