タイガー スロット 21

タイガー スロット 21

「さて、エクドイク

あなたも好きかも:blood+ スロット 設置店
貴様が既に成ったことは見れば解る

あなたも好きかも:北斗の券 パチンコ
だが決戦の前にもう一つ、やるべきことを済ませるとしよう」「やるべきこと?」「仮想世界では過度な魔力の扱いを禁じていたわけだからな

理に干渉する術を手に入れたからと、そのまま本番に赴くわけにもいかぬだろう

最後はこの俺自ら、戦い方を教えてやる」 意図的に理に干渉でき、覚醒状態にも成れる

だがそれでは『黒』の魔族の背中に追いついた程度

俺が打てる他の手段は既に準備が済んでいる

あなたも好きかも:懐かしい パチスロ
後は少しでもエクドイクの力を底上げしていかねばならない

「そうだな

胸を借りさせてもらおう

感謝する、碧の魔王」「――礼ならば結果で示せ」 真っ直ぐな視線を向けるエクドイクを見て、自身の心中に少しだけ雑念が混じるのを感じた

 かつて同じような眼差しを向けてきた者達

彼らが皆この域へとたどり着けていれば……そんな甘えた考えだ

 不完全なれど、一人残ってくれた

それで満足出来ぬとは、強欲な