懐かし パチンコ

懐かし パチンコ

無ければ銀海老にでも鎧化してもらって回復魔法を使えるナンスナーをバックアップ要因で連れて行けばたぶん、何とかなるだろう

「あ、そう言えば、ナンスナーはどうしたんだ?」「ナンスナー?ああ、雑魚ロリのことか

 あいつこの間、深夜にこの部屋を尋ねてきてな

 無茶苦茶暇そうだぞ

あなたも好きかも:青砥 立石 パチンコ
中途半端にでかくなったから 外を出歩けない、何とかしろってってセイ様に言ってきた」「それでどうしたんよ……」「適当に酒飲ませて、一緒に騒いだら満足して自室に帰ったぞ

 ちょろいな」セイがニヤリと笑う

「ナンスナーって今、何もやってないんだよな?」「そうだな

あなたも好きかも:dq11 カジノ ソルティコ
無職だな

 なんでもできるセイ様と違って無能雑魚だからな」「あんたがそれ言うんか……いずれ、その口が元で刺されるで……」「今大いなる翼に居るんだよな……」「たっくん、今からナンスナーちゃんの部屋に行くん?」「やめとけーどうせ部屋汚いぞ

行く価値はないな」「セイちゃん……」「いや、最近会ってないからな

たまには話を聞かないと」俺とタガグロが立ち上がると、セイもダルそうに立ちあがって、冷蔵庫の中から酒瓶を一本抱えてくる

「しょうがない

付き合ってやるか」言い方とは裏腹にかなり乗り気らしい